こむらがえりに要注意!

夜寝ているときにふくらはぎに激痛が走ったことがありませんか?

こむらがえりと呼ばれる筋肉の痙攣(けいれん)、いわゆるつってしまった状態です

ふくらはぎ以外にもすねや足の裏や甲の部分がつってしまう方もいらっしゃいます

筋肉や腱には筋紡錘と腱紡錘といわれる伸びているのか縮んでいるのかを計るセンサーの役割をする器官があります

筋腱の疲労や汗によってミネラルが不足している状態になるとセンサーの働きに異常をきたして痙攣(痙攣)が起こるのです。

予防法、対処法としては

①失ったミネラルを補給する

筋肉に必要な3種類のミネラル

カリウム(バナナ キウイ スイカなど)

カルシウム(牛乳やチーズなど乳製品など)

マグネシウム(海藻類やナッツなど)

②しっかりと水分補給

運動後や就寝前にはコップ一杯のみましょう。スポーツ後や外でたくさん汗をかいたらスポーツドリンクなどがオススメ

のどが渇く前に飲むことで体の水分が失われにくいです!

③ストレッチで筋肉の柔軟運動

なにより大切な筋肉の柔軟性、ストレッチは出来れば毎日やることで筋肉の柔軟性がアップします

アキレス腱伸ばしのストレッチ、長座体前屈、お風呂で揉むのも有効です!

ストレッチが難しければ当院でのマッサージや鍼治療ラジオ波治療などがおススメです!

ふくらはぎがつりやすい、つった後の痛みが取れないという方はご相談ください

☎029-846-0575

    前の記事

    頭痛について

    次の記事

    8月のキャンペーン